大坂なおみ選手が参加しているBNPパリバ・オープンで金星を重ねています。
今回はなんと、世界ランキング1位であり、トーナメントの第1シードになっているS・ハレプ(ルーマニア)を、6-3、6-0という完璧な内容で破り、大金星を上げました。
大坂なおみ選手は、2018年3月の段階では世界ランキング44位であり、やはり大金星と言えるでしょう。

試合内容は、常に強烈なサーブと完璧なストロークで終始王者を圧倒した内容であり、だれもが将来の女王の誕生だと感じています。
決勝は世界ランキング20位のD・カサキナ(ロシア)との対戦が控えています。
これは優勝も狙えるところまで来ていると言えるでしょう。
これまでは、金星後の取りこぼしがありましたが、最近の大坂選手には取りこぼしがありません。

この大会で大坂なおみ選手は、すでにM・シャラポワを始め、プリスコバなどランキング上位の選手を次々と破り、すでに金星は数えきれないほどです。
対戦を行った選手の多くは、自分の実力が出せなかったわけではなく、大坂選手の力が自分を上回っていたと率直に認めています。

大坂なおみ選手は2018年3月の段階で20才なので、世界ランキング1位になれる日も近いかもしれません。
この大会での躍進によって、おそらく世界ランキングは跳ね上がり20位くらいにはなるかもしれません。
大坂なおみ選手の今後は絶対に見逃せません。

ちなみに世界ランキング1位に勝利した女性テニスプレーヤーでは、大坂なおみ選手は2人目となります。
96年国別対抗戦で、当時の伊達公子選手がランキング1位のグラフ選手に勝利したのが初めてでした。
しかし個人戦で伊達選手がグラフに勝ったことはなかったので、個人戦で世界ランキング1位に勝利した日本人選手としては、大坂選手が史上初という事です。

今後、大坂なおみ選手のこれまでの戦績や金星や国籍などについて、ご紹介したいと思います。
あまり日本語は上手ではないですが、日本国籍を自分で選んでくれたので、言語能力には関係なく、みんなで大坂なおみ選手をこれからも応援していきましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事